完全オーガニック

アンダルシア州 有機農業委員会認定

本来、オリーブは、地中の栄養分が少ない土地が栽培に適しています。
アンダルシア州の広大なアルメリア砂漠地帯にあるというこの独特な立地が、周囲から地下水や風に乗って農薬や化学肥料が届く事もないという、完全に周囲の汚染された農地から隔絶された農園であるという証明です。
体が喜ぶオーガニックオリーブオイルを選ぶなら、農園の立地は最も気になるところでしょう。

スペイン南部のアルメリア砂漠地帯は 世界最大最良のオリーブの産地です。

酸度0.1%は最高品質の証

最高品質のオイル

酸度0.1%

エクストラバージン・オリーブオイルの品質基準になる酸度は0.8%以下 と規定があり、市場では0.3%以下は最高級のオリーブオイルとされています。
その中で“オロ・デル・デシエルト”は”酸度0.1%“という驚異的な数値を実現し、 世界でも最高品質を誇ります。
栽培から製造まですべてを一社で行う シングルエステートだからこそ高級で新鮮な味わいを保てます。
枝から離れた瞬間に酸化が始まります。

このオリーブ園では、品質にこだわり、 量産よりも風味を優先させるため、オリーブの実は”伝統的な手摘み”で丁寧に 収穫され、無傷のまま鮮度抜群な状態で、4時間以内に低温圧搾されます。

新鮮さを保つ

オリーブの実が枝から離れた瞬間に、酸化は始まります。

このオリーブ園では、品質にこだわり、 量産よりも風味を優先させるため、オリーブの実は”伝統的な手摘み”で丁寧に 収穫され、無傷のまま鮮度抜群な状態で、4時間以内に低温圧搾されます。

地中海の人々は長寿

健康寿命を延ばすオリーブオイル

地中海沿岸の人々は健康的!

地中海沿岸に住む人々が、長寿で、認知症も少なく、心臓病や特定のがんなど生活習慣病とされる病気の発症率がとても低いことをご存じですか?

他にも、骨の疾患の発症率が低いこと、白髪が少なく黒くつややかな髪の方が多いことなども有名です。

彼らは、質の良いオリーブオイルを日常的にたっぷりと摂取しているという、大きな食生活の特徴があります。植物や魚由来の「油」には、健康に良い不飽和脂肪酸を多く含んでいます。
その不飽和脂肪酸を、理想的な比率で含有する代表的な食品がオリーブオイルなのです。

スペインから

直接空輸 鮮度抜群

オロ・デル・デシエルトは酸度0.1%という驚異的な数値を実現するため、あえて手間のかかる伝統的な手摘みで丁寧に収穫されています。

工場生産では無傷のまま鮮度抜群な状態で、4時間以内に低温圧搾されます。

さらにそのオイルを、新鮮なまま皆さんに味わっていただくため、スペインから直接空輸にて皆様にお届けしています。

Arbequina

アルベキーナ

 

通常の約5倍の果実を使用

とても繊細でマイルド

甘やかなオリーブオイル

 黄緑色

 リンゴやアーモンドの甘い香り

 苦みや辛みがほとんどなく、マイルドな味わいで、数あるオリーブ品種の中でもくせのないタイプ

アルベキーナ種の木は他のオリーブと比べると枝は無造作に伸び、果実も小さい。
そんなオリーブから搾られたオイルはとても繊細。
香りはすごく甘くフルーティで、味はとってもマイルド。

100gのオイル=1,000粒以上のオリーブ果実

一般的なオリーブオイルに比べ果実に含まれるオイルの含有量が少ない「アルベキーナ種」は、通常の約5倍の果実を使用しています。「オリーブの原種に最も近い品種」といわれている「アルベキーナ種」。
果実は、まるでブルーベリーのように小さく丸い果実を枝にびっしりと鈴なりにつけます。
果実が小さく搾油に手がかかるため日本ではほとんど栽培されていませんが、本場ヨーロッパでは高い評価をうけている品種です

Picual

ピクアル

オリーブジャパン2015

最優秀受賞

奇跡のようなオイル

 オリーブグリーン

 刈り立ての若草を思わせるようなさわやかさ

 フル―ティでコクと深みのある味、苦みと辛みは中程度

世界中で最も生産量が多く、人気のピクアル種。健康にいいとされるオレイン酸の含有量がなんと80%。摂り過ぎると善玉コレステロール値を下げてしまう弊害のあるリノール酸が極小の4%程度。
更に、抗酸化作用のあるポリフェノールがたっぷり含まれているので、老化防止に最適。
日々、飲料として飲んでいる方も多くいらっしゃいます。

国際オリーブオイルコンテスト『オリーブオイルジャパン2015』では最優秀賞を受賞いたしました。

Coupage

クパージュ

ドイツのWBOOで

世界第1位受賞

使いやすいブレンドオイル

 深みのあるグリーン

 ほのかな柑橘類と若草やトマトのような香り

 程よい苦味とかすかにスパイシー、スッキリとした後味

「クパージュ」は、アルベキーナ種、オヒブランカ種、ピクアル種の3つの品種のオリーブの実から成るブレンドオイルです。
「アルベキーナ」「ピクアル」の単一種で作られたオイルと比べ、複雑で面白みのある味わいがお楽しみいただけます。

ドイツのTHE WORLD’S BEST ORGANIC OLIVE OILSでは世界第1位を獲得しました。

また、国際オリーブオイルコンテスト『オリーブオイルジャパン2015』では金賞を受賞いたしました。

世界の権威ある国際オリーブオイルコンテストでの受賞を総合計し、世界1位を決めるTHE WORLD’S BEST OLIVE OILS 2014/2015にて「クパージュ」がオーガニック部門の世界1位を獲得いたしました。

ドイツの団体「THE WORLD’S BEST OLIVE OILS」は、公正な順位づけのため、権威ある非営利の国際オリーブオイルコンテストのみ各賞の受賞ポイントを総計しています。

そのため、企業の営利に左右されない、本当に美味しいオリーブオイルとしてオロ・デル・デシエルトは選ばれたのです。

国際オリーブオイルコンテスト、オリーブジャパン2015,2016におきまして、2年連続で世界23ヶ国441品種の中から、世界中のソムリエ達の厳しい審査のもと、オロデルデシエルト「ピクアル」が最優秀賞を受賞いたしました。
また、クパージュも金賞を受賞いたしました。

他にも、オロ・デル・デシエルトはヨーロッパや世界のオリーブオイルコンテストにおいて、輝かしい成績を残しています。

おいしさだけじゃない

自然・社会への取り組み

「最良の材料と忍耐強さがあってこそ、時を超えて生き続ける完璧な作品ができあがる」と、アロンソ家は考えています。
その哲学は、”作品”である製品についてだけではなく、その製造過程にも表現されています。
例えば、オイル製造工場で発生するオリーブの残りかすは全て農園の肥料や家畜の飼料として再利用されます。また、農場では、太陽光による発電も行われています。
これらのサスティナブルな取り組みは、愛する家族や隣人、そして、私たちの大切な未来社会へと向けられているのです。

ご愛用者様よりお喜びの声を頂いております

アルバニア共和国名誉領事
(株)スペクター・コミュニケーションズ
代表取締役

京子スペクター 様

オリーブオイルに魅せられて

このオロ・デル・デシエルトオリーブオイルは私の大のお気に入り、世の中には色々なオリーブオイルがある中で世界的オリーブオイルのコンテストで最優秀賞を受賞している。
一番のお気に入りは美味しいパンを買ってきてオリーブオイルをたっぷり浸けて食べる幸福感がたまらなく好きです。
一通りすべての種類のオリーブオイルを揃えておいて、気分によってその時のオリーブオイルを味わう。
お口の中でオリーブオイルの香りとパンが一体となり、止められない美味しさとなる。もちろんその他にはサラダに使ったり、お料理に使ったり、用途は色々楽しめる。

フードスタイリスト( KITCHEN STUDIO )
オリーブオイルジュニアソムリエ

大島聖子 様

酸度0.1%のエキストラバージンオリーブオイルは、まさにフレッシュジュース!

スープやソースの香りつけはもちろん、今や和食のアレンジにも大活躍のオリーブオイル。料理教室やメディアでご紹介するメニューにもよく登場させ、さまざまな種類を使ってきましたが、オロ・デル・デシエルトに出会って驚きました。

その味わいは、まさにフレッシュジュース。大自然を想像させる豊かな風味と爽やかな後味、酸度0.1%のフルーティさは、これまでに味わったことのないものでした。料理に使うのはもったいないとさえ思える最高級のエキストラバージンです。

日本オリーブオイルソムリエ協会認定
オリーブオイルマスターソムリエ
オリーブジャパン2014
第1回 オリーブオイルソムリエコンクール第1位受賞

渡邉美喜子 様

素敵なオリーブオイルとの出会い…

近年、健康志向に合わせて、オリーブオイルへの関心度が、とても高くなっています。現在、市場には数多くのオリーブオイルがありますが、その中から良品質のオリーブオイルを選択するのは消費者にとって容易なことではありません。『オロ・デル・デシエルト』は、厳選なる審査において、優れたエキストラバージンオリーブオイルとしての高い評価を頂いておられます。

和食との相性も良く、素材の良さを引き出してくれるので、きっと毎日の食卓が、楽しく素敵なひとときとなることでしょう。そして、健康づくりにも良品質のエキストラバージンオリーブオイルが大切ですね。